フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月31日

85mm

2日前の日曜日は、今年3月から約1ヶ月ごとに続いている「ななかさん&紅さん」コンビの撮影会第三弾でありました。
そして今回は更に!
スペシャルゲストとして、コスは1年以上ぶり(!)とおっしゃっていたチェルシーさんに、お忙しい時でしたがなんとかご参加していただきまして、非常に楽しい撮影会となりました!

y3070114
Model : Kou, Chelsea, Hanon Nanaka
Place : Healthy village
Camera : PENTAX *ist D
Lens : smc PENTAX-FA 35mm F2 AL

 

----------

 

今回の撮影では、最後の方で久しぶりに85mmレンズを使って撮ってみました。
やっぱり良いもんですわ。85mmは。
今更ですが女性ポートレイトにはちょうど良いレンズであります。

y307015
Model : Hanon Nanaka
Place : Healthy village
Camera : PENTAX LX
Lens : smc PENTAX-FA★ 85mm F1.4 [IF]
Film : FUJIFILM REALA ACE

2005年5月25日

75mmF2.8を使ってみる。

3日前の日曜日に参加させてもらった撮影会では、今回は最初から小雨が降る中で撮影会が進みまして(撮影会の2日前までの週間天気予報では晴れだったのですが・・・。)、某S氏から75mmF2.8という広角レンズを初めてお借りして撮ってみました。
(このレンズを35ミリ換算したい場合は75mmに0.5をかけてくださいませ。)

今のトップページの表紙画像も某S氏からお借りして撮った75mmF2.8の画像であります。
さすがに最新レンズだけあって67にしては小型・軽量・近寄れる・フードが花形・・・。
クソー、欲しいやんかー。(でも金は無い)

y306018
Model : Himi2
Camera : PENTAX 67II
Lens : smc PENTAX67 75mm F2.8 AL
Film : Kodak BW400CN
一脚使用

 

----------

 

私が最近よく使うモノクロフィルムは、イルフォードのXP2 super 400(C41タイプ(カラーネガフィルム用)の処理液で現像するモノクロフィルム)なのであります。
つい先日まで120だと283円だったのに、ヨドバシカメラマルチメディア梅田で先週末に確認してみるとなぜか514円に・・・!?
店員さん、値段を貼り間違えたんとちゃうか?
と思ったのですが、置いてあるフィルムが全部その値段になっているし、他のイルフォードのモノクロフィルムも値段が上がっているご様子・・・。
今、中外写真薬品のHPを見に行ってみると・・・ガーン!
http://www.chugai-photo.co.jp/cgi-local/output.cgi?type=body&id=220

値上げかぃ!(涙)
こらアカンわ・・・安いしあのニゴリ具合がなんともお気に入りだったのに・・・。
それなのに120が36枚撮りよりも値段が高くなっとるやんけっ!(怒)
しゃーないやっちゃなぁ~。
今後はC41処理タイプのモノクロフィルムを使う時は、コダックのBW400CNをメインに使っていくことになるのかもしれぬ。

2005年5月21日

6x7判ありき

GWの終わり頃にお見かけした某セーラー服衣装、ついに某お店のサイトにて載りましたのであれは超新作衣装だったんだな、と今頃になってわかったやまぐち編集長でございます(笑)。そっか~、あれはすごい新作だったんですね~!しみじみ。(ほとんどの方がなんのこっちゃかわからんゾこりゃ。)
 

 
----------

 

しかしそれにしてもこのワタクシが6x7判のカメラに手を出すとは・・・(恐れ多いワ)。

 

67II

 

このカメラを買ったのは今年のGWの終わり頃・・・。
神戸の塩屋にある写真館「スタジオチーズ」さんという存在が無ければこのカメラを私は買っていなかった事でしょう。その写真館ではアナログプリンターで丁寧にネガフィルムをプリントしてくれますので、フィルムサイズを大きくして撮る事に意味はすごくあるのであります。

私が(中古で)買ったペンタックス67IIは、今日までに2回ほど使いましたが、モデルさんの背景のボケの量がすごいわコリャ・・・。ポートレートに持ってこいだわコリャ・・・。ピンボケとか手ぶれしていたらめちゃめちゃ痛いんだわコリャ!(金銭的に)

フィルムの入れ方はそこそこ慣れてきまして、あとはフィルムの交換スピードですね。フィルムが最後まで行くと、新しいフィルムへ交換する間にいかにしてモデルさんを待たせないようにするのか・・・。(ムズイ問題や)

明日は某氏から75mmF2.8という広角レンズをお借りする予定でして、これまたポートレート向きなレンズだと思いますので、どんな感じで撮れるのか非常に楽しみであります!

マーカス

昨日、ついにギター用のストラップが届きまして、早速私の愛用ギターに取り付けてみました。
入手したストラップはフェルナンデスのS-1100であります。

zo-3str

黒と赤の2本を購入しまして、この画像は赤のストラップを付けているところであります。
な、なんか、これだとより一層ドハデな色合いになったような気が・・・。(笑)

黒のストラップだと落ち着くかな?

 

---------

 

先日に私が購入したハクバの軽量な「ルフト・マーカス」シリーズのリュックというのは、こんなやつなのであります。

macus

ペンタックス67IIのボディを寝かせた状態で入れられるし、しかも軽くて小さくて雨の時でも多少ははじいてくれるのでとても便利であります。
ところで、この網目状のポケットには何を入れようかただいま考え中なのであります。
リュックタイプのカメラバッグというのはそもそも、山登りの時の撮影が主な用途だと思うので、網目状のポケットにはおそらく地図なんかを入れるのだと思います。
しかし私の場合はここに何を入れると便利であろうか?

2005年5月17日

ギター用ストラップ

私のぞうさんギター(ZO-3)。
5/11の日記ではそのギター用ストラップを近い内に買うという事を書いておりましたが、ようやく本日某所で注文しました。
結局、デザイン的にギターと同じメーカーの方が良いであろうと思いまして、ベストセラーと言われているフェルナンデスのストラップS-1100にしようと思っています。

S-1100は、色が8種類(黒、白、赤、青、ピンク、黄、オレンジ、紫)ありまして、黒と赤を注文しました。
黒はモデルさんがゴスロリさん&メイドさんの時に(笑)、赤は私服などの時に使う予定であります。ストラップが届いたらまたここの日記で発表しようと思います。
ちなみに私がぞうさんギターを使う時のストラップはまた後日に買おう思っております。
 
 
 
 
 
ところで、私のペンタックス67IIにはファインダーの接眼部に別売のアイカップが付いているのであります。

67II-I_CUP

これがあるとすごく便利だわ!
私はハードのコンタクトレンズをしているせいか横からの光に敏感なようで、横から光が入ってくるとファインダーが見にくいのであります。でもこのアイカップは光を遮断してくれるのでそんな心配は無いのであります。

2005年5月16日

ゆうこりん

昨日の日曜日に撮らせてもらった場所は、野球場とかサッカー場などもあるたいへん大きな公園であり、少し山の方にあるのでありました。
モデルされる方がコスされるので、公園内で出来るだけ人のいそうに無い場所を探したのですが、この日のこの公園内は人が多すぎ・・・(泣)。撮っていますと、蚊が常に近くに5匹以上いるというすごく悪い環境でしたので、時期的に撮影場所選びを失敗したようであります・・・(涙)。しかも追い打ちをかけるように午後から雨が激しく降ってくるし・・・。撮影時間が思ったほど取れませんでした・・・(涙)。

今回モデルしてくださった方は、こちらの方でございました。

y3050523
Model : Renwa
Special thanks : Ufo(Kosupurekoubou★Esukaiyakurabu。)
Camera : PENTAX *ist D
Lens : smc PENTAX-FA 50mm F1.7

 

そして今日は、会社帰りに偶然立ち寄った本屋さんにて、ゆうこりんのDVD付き雑誌を見つけまして、表紙のゆうこりんを見て、
「そういえば昨日は以前にゆうこりんコスをされていた方を撮ったよなぁ~。」と思ったのと、表紙のゆうこりんが着ていた白ロリがどんな感じの衣装であろうか?(表紙はバストアップのために衣装がはっきりとわからない)と思いまして、私はゆうこりんのファンではありませんがその雑誌を買ってみました。

買ったのは
「小倉優子フォトブックDVD ワタシが癒してアゲル。」
という雑誌であります。5月13日に発売されたばかりのようであります。
中を見てみますと、紙がペラペラに薄くて次のページの写真が透けてしまっているページもあったりして少し見にくい部分もあるのですが、ほとんどがスタジオで撮った写真が多くてとても綺麗にライティングされていて、ただいま穴があくほど写真を見ているところであります~。

2005年5月14日

マイ・ロクナナ初撮影結果

今日は、急遽お休みをいただきましたので、先週撮影分(5月8日)のネガフィルムの現像をしてもらいに塩屋のスタジオチーズさんちへ行ってきました。
今回は、買ったばかりの6x7判のカメラ(PENTAX 67II)で初めて撮影した分でありまして、撮影結果が非常に楽しみなのでありました!
現像後、何枚か2Lサイズにアナログプリンターで引き伸ばししてもらったのですが、それを見てみると・・・

 

 

なんじゃこれはっ!

 

とんでもなく綺麗や!

 

 

綺麗すぎて最初は言葉が出ませんでした。
密度が濃いっちゅーか、肌のアラまでがわかってしまうっちゅーか、6x4.5判なんかもう使われへんでこれはっちゅーか、とにかくスゴイのだ!

高画質なのに手持ちで撮れる。
ペンタックス67IIってすごいカメラであります。

y304009
Model : Tokia。
Camera : PENTAX 67II
Lens : smc PENTAX67 90mm F2.8
Film : FUJIFILM REALA ACE

 

実は私のペンタックス67IIは、私が今使っているカメラバッグには入らないのであります(苦笑)。
これはなんとかせにゃ! というワケで、塩屋からの帰りに安物ではありますが、急遽梅田のヨドバシカメラへ寄りまして、バッグ選びにいそしみました。
私って汗かきで(爆)、特に背中とお腹によく汗をかくので、私は夏はリュックサックが苦手なのであります(苦笑)。でも、せっかく手持ちで撮れる中判カメラ専用のバッグ(なんじゃそのネーミングは)にしたいですので、リュックタイプの小さなカメラバッグでペンタックス67IIが入るヤツを探していましたら、ありました!
買ったのはハクバの「ルフト・マーカス」というシリーズのリュックであります。
材質がナイロンのためか恐ろしく軽い! うん、これが良さそう!というワケで、中身を重くしない限り耐えてくれるであろう!しかも軽いので行動範囲が今よりも広がりそうで、67IIの他にも645が十分入る大きさなので、今後活躍しそうなリュックであります。

2005年5月12日

みどりいろ

    季節は初夏。

    新緑の季節であります。

y3030042
Model : Yuki
Camera : PENTAX *ist D
Lens : smc PENTAX-FA Soft 28mm F2.8

 

    若い葉っぱの緑色は綺麗だ。

    綺麗な緑色の葉っぱを付けた木々を見ていると癒される。

    緑が綺麗だ。

    緑は癒される。

    緑からいっぱい新鮮な酸素をもらおう。

    緑はグリーンだ。(当たり前や)

    オレはグリーンになりたい。(意味不明)

    君はミドレンジャーだ。(なんだそりゃ)

 

(画像と文章は、何も関係がありません。笑)

2005年5月11日

ぞうさんストラップ

先月に購入した私の「ぞうさんギター」。
ストラップがまだ無いのであります。

y2990225
Model : Tokia。
Camera : PENTAX *ist D
Lens : smc PENTAX-FA 50mm F1.7

近いうちにストラップを買おうと思っているのですが、
さて? どんなやつにしようかしら・・・?

モデルしてくださっている方にこのギターを持ってもらう場合、
綺麗な衣装が隠れないようにストラップは地味めにするとか、
もしくはストラップが自己主張するくらいにドハデにするとか、
のどちらか両極端が良いのではないか?
などと思っているところであります。

しかも、この色合いのギターに似合いそうなストラップ・・・。
しばらくは悩んでおきますわ(笑)。

2005年5月 7日

カメラを買いました。

今日は、某有名中古カメラ屋さんにて、PENTAX 67IIという6×7判のカメラを中古で買ってきました。

以前から欲しいと思っていたこのカメラ。
ついに購入する事が出来たのであります!

程度は「AB-」とあまり良くない評価でしたが、よく探してみないとわからないくらいのカメラボディの端にある小さなカスレ傷たち。それがAB-という評価だったのだと思います。私にはその点が別に不都合を感じる事が無く、むしろ評価が低い事によって値段が安かったので得した気分になりました。
PENTAX 67IIというカメラはファインダー部分が別売りになっておりまして、私が手にしたヤツは、AEペンタプリズムファインダー67IIがセットされていましたので、自動露出が出来るようであります。6×7判のカメラで絞り優先AEで撮れるなんてすごく便利そうであります。でもどうせ私はほとんどをマニュアル露出でのみ使うんでしょうけど・・・。

ファインダーの覗きやすさを考えまして、このカメラの前の持ち主はファインダーの接眼部に別売りのアイカップをすでに付けてあって、私はどうせそれが付いていないだろうから見やすさを考えて新品でアイカップを別に購入しようと考えていたのにすでに付いていたので、前の持ち主も見やすさを大事に考えていたのかな~?なんて思っているところであります。

PENTAX 67IIのフォーカシングスクリーンは、独自のナチュラルブライトマット。
購入した私の67IIには標準装備であるマイクロプリズムマットのままでありました。そのままでも見やすいのですが、どうも私は中央にあるものが邪魔に感じるので、私のLXや645と同様に、全面マットタイプへと交換しました。ファインダーを覗いてみるとスッキリしました!

カメラの説明書は読まなくてもカメラ操作はなんとなくわかるのですが、フィルムの入れ方だけがよくわからぬ・・・。説明書をよく読まなくては!
フィルムは220の場合、従来よりも1枚多く21枚撮れるそうなので、早速本日、REALA ACEの220を何本か買ってみました。

今回は、67IIボディと同時に中古で67用のレンズも1本購入しました。
買ったのは165mmF2.8。
35ミリ換算すると、67には約82mm相当、645には約102mm相当、35mmには約165mm相当、*ist D/DSには約252mm相当であります。
最短撮影距離が1.6mという点が少し気にくわないのですが、写りはすごく良いと思いますので撮ってみた後の撮影結果がたいへん楽しみであります。

これで私の持っている67用レンズが2本(90mm、165mm)になりまして、もし次に買うなら、次は広角レンズですな~。

2005年5月 5日

さゆみ・ひかり

今日は、某女子高校生の方に急遽モデルをお願いしまして、今度の日曜日のイベントで合わせのための衣装製作でお忙しいところだったのに無理矢理OKをいただきまして(汗)撮らせてもらいました。
撮影場所ではGWのためかめっちゃバーベQの家族連れでいっぱいで非常に撮りにくかったのですが、焼き肉のにおいをかぎながら楽しく撮らせてもらいました。

----------

その後、明日(5月6日)テレビ放映されるスタジオチーズさんちへ行きまして、今日撮ったフィルムの現像をしてもらっていると、時々店内でお会いするカメラマンさん(風景やスナップなどを撮っていらっしゃる方)と偶然お会いしまして、彼のカメラであるブロニカの6×6判のカメラを見させてもらえました。
このカメラに付けていたレンズは40mmF4(35ミリ換算で約24ミリ相当)という超広角レンズでありました。撮っている被写体が違うと付けているレンズも違いますね。
しかし良いカメラですね~これは。い、いかん!これ以上触っていると欲しくなる!(爆)
その後、私のマミヤ645E+80mmF2.8を彼にお見せしてみると6×4.5判にご興味があるのかファインダーを覗いた後にフィルムを入れる部分に興味を持ったようで、ポラは使えないですが小さくて軽くて良いですネ。と言った後に彼はお店を去りまして夜景を撮りに出掛けられました。

----------

関西ローカルですが、昨晩のNHK総合テレビの「上方演芸ホール」をみなさま見られましたでしょうか?
http://www.nhk.or.jp/osaka/guide/kamigataengei-hall.html

今回は宮川大助・花子ファミリーのみなさんが出演されていまして、花子さんの師匠であるチャンバラトリオ師匠3人(今は4人じゃないのですね・・・。)、さゆみ(大助・花子ご夫妻の娘)・ひかり(横山やすし師匠の娘)などが出演されていまして、私はさゆみ・ひかりのネタを初めて見ました!
お二人とも二世タレントということで、お互いに親をネタにしていて私的にはもっと別のネタを見てみたかったのですが、チャンバラトリオのみなさんや大助・花子さんたちによる指導の賜なのか、彼女らの漫才はすごく上手く感じました。面白かったです。特にさゆみさんが。花子さんの若い頃にめっちゃ似ていますが、横山やすし師匠のモノマネがすごく上手かったですよ~。
さゆみ・ひかりのお二人はこれからもっともっと面白くなっていくことでしょう。

2005年5月 4日

明日は突然の休日

今年の千葉ロッテマリンズは、何でこんなに強いんや?(5月4日現在で12連勝中)
と失礼ながら不思議に思いまして、
監督って誰やったっけ???
と考えていたら・・・、バレンタイン監督かっ!
あ、そうか。そら強いはずや。
と妙に納得したやまぐちへんしゅーちょーでございます(笑)。

忙しい私のGW・・・。
毎年私のGWは仕事なのであります。
GW初日は屋根の無い場所で雨に打たれながらレインコート無しのために身体が雨に濡れて冷え切って寒くてふるえながら仕事をしていたら、その翌日は一転して快晴となって炎天下の灼熱地獄の中で仕事・・・。またその翌日も炎天下・・・。今年のGWはいつもよりか暑いんとちゃうかな?
5月5日までの予定だった今回の仕事が1日早く今日(4日)で終わってしまいまして、明日(5日)は急遽1日お休みをいただけましたので、6×4.5判のカメラを持ってちょっくらお出かけする予定であります~!

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »