フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月29日

料理撮影

先週の日曜日に引き続きまして、本日の日曜日もなんばにあるメイドカフェCantabile(カンタービレ)さんへ、カメラマン仲間のshu氏と共にお邪魔してきました。

Cantabileさんは2月2日に正式オープンということで、あと4日ほどで開店ですので、ただいまその準備で大忙しの店内なのであります。今日は、メニューに料理の写真を載せるための撮影ということで撮らせてもらいました。

料理が出来上がると、すぐにパシャリと撮影。
料理が出来上がるたびにまたすぐに撮影。
ずっとその繰り返しでありました。

どんな感じで撮ったのかと言いますと、こんな感じで撮りました。

 

y3420045

y3420091

PENTAX *ist D,smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited,ストロボ使用,三脚使用

 

2月2日のオープンが楽しみであります!

2006年1月28日

初マクロ

マグロではなくマクロ。

 

本日、私にとって初めてのマクロレンズをついに購入致しました。(中古ですが)

 

そのレンズの名称は「smc PENTAX-A645 MACRO 120mm F4」。

 

これはマニュアルフォーカスなレンズでありまして、等倍まで撮れるとの事であります。

つい先日にカメラマン仲間の某T氏から、「へんしゅーちょー、マクロレンズって近接距離から撮ると開放のF値が少し暗くなりますから使うときは注意してくださいね。」てな感じの事を言ってくださっていましたので、「ふむふむ、なるほど。」とそのワケを知らないまま(爆)納得したのでありました。

このレンズを645に付けた場合は、35mm換算=約74mmレンズ相当となりまして、ポートレートを撮るにはちょうど良い画角であります。更に35mm判ボディに付けてみると35mm換算=約120mmレンズ相当となり、*ist Dシリーズのデジカメに付けてみると35mm換算=約184mmレンズ相当となるようであります。

 

060128

レンズの先のフードは、純正ではもう新品では売られてありませんので、そのへんの市販されている標準レンズ用他社製ラバーフードを買いましたが、あまりにも長さが短いのであります。でも無いよりかマシ。
今日現在では、まだこのマクロレンズで1枚も撮っておらず。
これから春にかけての花の季節になってくると活躍してくれる事と思います。マクロレンズって今まで持っていなかったので、実際にこのレンズを付けてファインダーを覗いてみると、当たり前ですがかなり近くまで近寄れますね。(感動!)

2006年1月26日

明日でLX購入5周年

私が持っているペンタックスLX(1980年発売の35ミリ判MF一眼レフカメラ)は、21世紀になったばかりの2001年1月27日に新品で買いました。しかし、その注文をしたのは実は買った日から2ヶ月前(2000年11月)・・・。当時はLX2000が限定発売されていた影響があって、LXが品薄だったようでありました。(というか、もしかすると注文後の生産だったのかも?)

 

lx5

PENTAX LX + FA-1 + SE-60 (LX2000用全面マット) + GRIP B + WINDER LX +A50mmF1.2

 

というワケで、明日の1月27日で私の持っているペンタックスLXは、購入してからちょうど5年になります。

 

2001年に生産が完了されてから、あと数年で部品が保管されなくなる時期にきておりますので、大事に使っていくつもりではありますが、今は毎週毎週シャッターボタンをパシャパシャと押しまくって暑い時期でも寒い時期でも関係なくどこへでも行って激しく使っていたりなんかしております。あと10年以上はこのカメラとつきあうつもりでおりますので(ちなみに、以前私がメインで使っていたペンタックスZ-1は12年ほどのつきあいでした。)、今後も大事に使いまくる予定であります。

 

----------

 

先週末にコニカミノルタのHP上から注文していたNew X-700の使用説明書が本日届きました。
早速読んでみますと、New X-700のメインスイッチをオンにする時、アラームのマークが付いたヤツと無いヤツがあって、どう違うのかがわからなかったのですが、アラーム付きの方はシャッター速度が1/30秒以下になると自動的に警告のアラームが鳴るそうであります。そんな機能は私には不要なので、通常はアラームマークの無い所に電源オンしようと思います。

あと、New X-700はフォーカシングスクリーンが交換出来るそうであります。今、標準で付属しているスプリットマイクロ式が付いているんですが、中央部分が煩わしいので全面マット式に交換したいよなぁ~。New X-700用のフォーカシングスクリーンを新品で売ってるお店はもう無いんかいな?(無いわな)

 

x700torisrtu

2006年1月22日

メイドカフェ・Cantabile

地下鉄なんば駅から歩いて数分ほどの所にあるメイドカフェCantabile(カンタービレ)さんが来月の2日にオープンするということで、先日からこのお店の関係者さんからお誘いがありましたので、今日は開店準備で大忙しの店内へ、私とshu氏の2人でお伺いしまして、店長さんと副店長さんのお話をお聞きしに行ってきました。

もうすでにプレオープンという形で開店されていらっしゃるようですが、今日は特別に私らのために閉店にしていただきまして、なにやらいろいろと打ち合わせしてまいりました。
今回の打ち合わせ内容は、数日後にCantabileさんのHPを見に行けばすぐにおわかりになるかと思います。(^^)

打ち合わせ中にいただいた紅茶、めっちゃ美味しかったですよ~!
2月2日のオープンがとても楽しみであります。

2006年1月20日

コニカミノルタショック

コニカミノルタがカメラ事業とフォト事業から撤退するというニュースが発表されてから一夜が明けましたが、未だにワタクシ立ち直れておりません(号泣)。

デジカメは儲からない。フィルムが売れない。フィルムカメラはもっと売れない・・・。これでは赤字が増えるばかり。今朝の朝日新聞に載っていたインタビュー記事では、αレンズなどのカメラ関連の事を「負の資産」だと言っていたのが悲しかった・・・。レンズやフィルムがすごく良いだけに・・・。

今後発売されるであろうソニーの一眼レフカメラ・・・、なんだかピンと来ないのは私だけであろうか?(慣れの問題でしょうけど)

しかし、旧ミノルタのカメラ開発陣がソニーへ移る人が多いという事と、開発資金力がありそうなので、良い一眼レフカメラが出来上がりそうな予感・・・。

 

ところで、昨日のフジフイルムのお知らせには嬉し涙を流した人が多かったのでは?(^^)(私もその一人だが)

2006年1月16日

スタジオ撮影

14日(土)と15日(日)は、仕事で静岡県焼津市へ行ってきまして、15日(日)の夜にヘトヘトになりながら自宅へ帰ってきました。

そして本日(16日)は、日曜日の代休をもらいましたので、早速早朝から自宅を飛び出して撮ってまいりました! 今回はスタジオ撮影なのでありました。

今回モデルしてくださる方が、某有名雑誌のモデルご応募のための写真が必要とのことですので、ペンタックス645とミノルタX-700+モータードライブ1の合計2台でカシャカシャと撮らせてもらいました。まだ今日は現像に出しておりませんので、デジカメで撮ったのをお見せしておきますと、今回はこんな感じの撮影でありました。

 

y3400281

[ モデル : あつみさん ]
[ スタジオ提供 : M嬢 ]
PENTAX *ist D,smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited,ストロボ使用

 

y3400668

[ モデル : あつみさん ]
[ スタジオ提供 : M嬢 ]
PENTAX *ist D,smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited,ストロボ使用

 

身長が高い方なので、足の長さを強調したくて少し下の位置から撮りたかったのですが、天井の高さがかなり低い場所でしたのでそのようには撮れずに残念でありました・・・。
ストロボの光量は、今回はカメラマンから見て左側にあるストロボだけを少し光を強めにしまして、カッコ良いイメージで撮ったつもりであります。

 

----------

 

上記の撮影の前に、時間待ちのために本屋さんへ立ち寄ってみると、私はファンではないのですが深田恭子さんの写真集「天使」を偶然見つけましたので買ってみました。(1月21日から彼女の主演で同名の映画が公開だそうであります。)

家に帰ってから早速その写真集を開いて見てみますと、前半は深田恭子さんのグラビア写真集。後半はその映画に関連した内容(映画監督のインタビューやオフショットなど)でありました。ちょうど私は先日から天使をテーマに今後の撮影イメージを考えていたのでめちゃめちゃタイムリーであってとても参考になる写真ばかりでありますので、この写真集の内容はとても良かったです。特に前半のグラビア写真集の中で、夜の森の中での写真がすごく良く思いまして、モデルの後ろからストロボを発光させる事によって白い天使の衣装が明るく輝いているような感じで撮られてあって、見ていて(このように撮りたく思って)ワクワクしました。

2006年1月13日

フィルムカメラ危機

我らがペンタックスは、35ミリ判フィルムカメラが現在は*istのみという事で非常に情けないラインナップなんですが、あぁ・・・、ニコンよ、おぬしもか・・・。今朝の朝日新聞の1面めに大きく記事が載っていましたよねぇ。
コレが。

フィルムカメラを新品で買えない時代が、思った以上にすぐそこまで来ているようであります。
それにしても、天下のニコン様ともあろうお方が経営資源を集中しなければやっていけれんほど余裕が無いんかいな?
最高級機のF6(と、入門機のFM10)は、まだ生産を続けるというコダワリがさすがのニコンだと思います。しかしそれがいつまで続けられるのか・・・。

フィルムカメラが新品で買えなくなるかもしれないなんて、異常事態だと思います。しかし売れないんやからしゃーない。それが時代の流れだと言えばそれまで。

だけど私は未だに、一番綺麗に写真が出来上がる方法とは、ネガフィルムで撮って、その後、写真屋さんにて昔ながらのアナログプリンターでプリントしてもらうのが一番だと思っております。

2006年1月11日

第27回ABCお笑い新人グランプリ

毎年、年が明けるとすぐにあるのが「ABCお笑い新人グランプリ」。
デビュー5年未満で、主に関西で活躍されているという条件で、毎年成人の日に決勝がありまして、今年は1月9日でありました。そして、4時間にも及ぶこの長時間番組をあらかじめ私はその日に録画していましたので、昨晩(10日)に、ようやく全部見終えました。

 

最優秀新人賞は、やはり予想どおり、とろサーモンでしたね。
初めて「すかし漫才」を見た我が母曰く・・・「あれは漫才か?」
特に決勝のネタは理解出来なかったようで・・・。
(相方に対して不満に思っていることを一方的にしゃべるネタでした。)
総合司会の桂三枝師匠もあっけにとられていましたが。
私が思うに、今までに無いまったく新しい形の漫才だと思いますよ。

 

  オマエはもう漫才をやめろ!
  やめて野球の審判になれや。
  それでホームランの時に(腕を回しながら)ホー●●ン!と言い間違えろ。

 

ここはめちゃ笑いました!(笑)
あと、相方に何言ってもツッコミが「知らん!」と繰り返し言っているのも面白かったです。

 

とろサーモンは、昨年末のオールザッツのトーナメントでも最後まで残った(でも最後はストリークに敗れましたが)実力派ですよねぇ。最優秀新人賞の受賞おめでとうございます!

 

とろサーモン以外で私が面白く感じたコンビは、天然もろこしが面白かったですね。
旭●成のカタカナネタはめちゃ笑いました(笑)。
優秀新人賞の受賞おめでとうございます。

兄妹コンビのビタミンSも面白かったですー。今回の10組の中で唯一の正統派(?)なネタだったかも。

いがわゆり蚊さんは、私にはよくわからない(爆)一風変わったネタでしたが、パンにリップクリームを塗る時に会場からどよめきのような声が出てきてそのシーンは強く印象に残っております。

田中上阪は、今回の10組の中で会場から一番笑いを取っていたのではないでしょうか? ツッコミの方がキンキン声というのが好き嫌い別れる所だと思うのですが、彼は早口なのに何を言っているのかがよくわかるし、ネタ(美容師ネタ)自体もとても面白かったですよ。決勝3組に進めなかったのは非常に残念に思います。でも今後、注目してみたいコンビだと私は思いました。

今では珍しいと思う3人組のにのうらご。
目覚ましネタにはめっちゃ笑いましたよ~!
優秀新人賞の受賞おめでとうございます。

最後の日刊ナンセンス・・・。私はショートコントがあまり好きでは無いのであります。しかし! 不覚にも彼らのショートコントは面白かったであります! ショートコント後、お客さんの反応(ウケ具合)を見てから「ややウケー!(ややウケー!)・・・・なんたらかんたら(歌詞忘れてしもたワ)ショートコ~ントォ~♪」とハモりながら軽快な歌を歌って先ほどのネタを自己分析するというのがなんとも言えない面白さですね。進研ゼミのネタが特に面白かったであります~!

 

----------

 

話は変わりまして、
先日から、ゆきにゃんさんの2006年オリジナルカレンダーが発売中でありまして、その中にやまぐち編集長撮影の写真も何枚か入っておりますので、ご興味がありましたらこちらへ行ってご注文してみてくださいませ。

 

yukinyan

(ゆきにゃんさんのブログから画像を勝手に拝借(爆)。)
ちなみにこの表紙写真は私の撮影分であります~!

2006年1月 9日

三連休

7日~9日まで三連休だったのですが、三日間があっという間に終わってしまいましたねぇー・・・(涙)。

7日は青春18切符がいきなり手に入ったので、電車に乗って何か撮ってこようと思いまして、偶然にもその日の天気予報では寒気がやって来て大雪が降るというようなことを言っているので、7日は一人で新快速に乗って滋賀県長浜市へ行って雪のお城を撮ってまいりました。

 

y338003

PENTAX 67II,smc PENTAX 67 55mm F4,FUJIFILM REALA ACE,一脚使用

 

ミノルタのスポットメーターFで測光してから撮ったワケなんですが、測光場所は、出来るだけ18%グレーな色に近い色合いの岩に測光しまして、出た目からプラス1段(絞りの値はそのままで、シャッター速度を一段遅くした)でセットして撮ったのですが、測光した場所が悪かったのかもしくは雪の白色が思った以上に明るかったのか、撮影結果はほんの少しアンダーめでありました。

ということは、雪を強調して撮るときは、スポットメーターの出た目から1.5段・・・いや、2段くらい明るくして撮らなければならないのかもしれませんね。

 

y338004

PENTAX 67II,smc PENTAX 67 55mm F4,FUJIFILM REALA ACE,一脚使用

 

----------

 

8日は、室内でポートレート撮影でありました。
こんな感じで撮らせてもらいましたー!

 

y339087

[ モデル : 玲さん ]
[ 衣装製作 : m.sさん ]
[ スペシャルサンクス : shu氏 ]
PENTAX 645,smc PENTAX-FA645 150mm F2.8 [IF],FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用

 

----------

 

本日(9日)は、鶴見緑地のイベントへ行って、先日モデルしてくださった方へ写真(プリント)をお渡しした後、神戸の塩屋へ飛びましてスタジオチーズさんちへ上記二日間の現像をしてもらいに行ってきました。

お店に着くと、今日は成人の日でありますので振り袖姿の新成人の方の撮影で大忙しのご様子でありました。(その撮影の合間に現像してもらいました。)

そして、早めに自宅へ戻りまして、この日記を書いた後、本日(9日)録画しておいた「ABCお笑い新人グランプリ」をこれから見ます~。一体どのコンビが優勝したんやろか?

2006年1月 7日

雪景色

今日からワタクシ3連休!!!(メズラスィ!)

というワケで、本日は朝の早くから家を飛び出しまして、JR京都線&JR琵琶湖線の新快速に乗って滋賀県長浜市へ行きまして、雪の風景撮影をしてきました。

今回のカメラ装備は、ペンタックス67IIに55mmF4という広角レンズ1本だけの装備でありまして、横殴りの冷たい風雪を浴びながら左手には傘を持ちながら一脚にくっつけたペンタックス67IIを支え、右手にはミノルタのスポットメーターFを握りしめまして、構図を考えながら歩いて歩いて良い場所を探しまくりました。めちゃめちゃ寒いし、カメラは雪で濡れるし、雪で歩きにくいし・・・、風景写真家の方はたいへんなんやなぁ、とつくづく思いました。

現像は明後日の成人の日にでも出してみるつもりでありまして、撮影結果がすごく楽しみであります。

2006年1月 4日

2006年・撮り始め

1日から3日までのお正月の間は、カメラマン仲間の某S氏と共に旅をしてきました。

まず1日は大阪から車で移動して東京の品川区にて宿泊し、2日は関東在住のカメラマンさんであるちゃんYOU氏と久しぶりにお会いしまして千葉市内でご一緒に楽しく撮影をさせてもらいました。しかし2日は千葉ではあいにくの冷たい雨・・・。一日中降ってしまって最悪の天候でありました(泣)。
 
 
 
ちゃんYOU氏とお別れ後、翌日の3日は、東京の秋葉原へ行きましてメイドカフェめぐりをしてきました(笑)。んがしかし! どのお店もお客さん(ご主人様)がめっちゃ多くてなかなかお店の中に入れなかったので、本来は東京をお昼に出発して大阪へ帰る予定だったのですが、お店の前で並んでいたので時間がかかってしまいまして結局夕方くらいまで東京にいてしまいました(苦笑)。東京弁のおしゃれな言葉が飛び交う店内にて、なぜか私らのテーブルだけがコテコテの関西弁で、メイドさんについて熱く語り合いまして、私と一緒に行動してくれた2人のお話が面白すぎでございました(笑)。

その後、東京の中野にある某有名中古カメラ屋さんへ行きまして、ミノルタの「モータードライブ1」を買いました。(下の画像の、カメラボディの下に付いているのがモータードライブ1であります。)

 

modora1

 

早速、私のミノルタNew X-700に付けてみると、シャッター音が私好みの大きな音に変わっていてビックリでした。それに縦位置用のシャッターボタンが付いているのがすごく良いですね。しかし単三電池を8ケも入れないといけないので少し重くなりますなぁ。
モータードライブ1を付けての撮影は、今のところまだしておりません。私は連射しないですので、きっと私のモータードライブ1は、ずっとシングルモードのままであるかと思われます。

 

車で翌日(4日)の午前2時頃にようやく自宅に戻ってまいりまして、ちょっとだけ寝た後、フラフラのまま(笑)すぐに2日の撮影分の現像をしてもらいに、塩屋のスタジオチーズさんへ行ってまいりました。

フィルムにたくさんの傷が平行についてしまう症状が出ている私のペンタックスLXをスタジオチーズのご主人さんに見てもらいまして、ご主人さんの思惑どおり、LXの圧板に小さな傷がいくつかあってそれらに擦られてネガフィルムに傷が付いていたようであります。早速圧板のいくつかの小さな傷の部分にハミガキ粉を塗ってなおしてもらいました! ハミガキ粉が乾いた後、フィルムを入れて撮ってみた後、現像してもらったら、見事に傷が無くなっていました! やった~! 私のペンタックスLXが生き返りました~!

2006年1月 1日

2005年の撮り納め

私の日記をいつも読んでくださっているみなさま、
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いしますね。

昨日の31日は、2005年の撮り納めとして撮ってまいりました!
今回は室内でありまして、意外と狭い場所でしたのでストロボの発光量はどれも一番少なめで発光させて少しでも光を柔らかくしたつもりであります。

 

y3360157

[ モデル :葉音ななかさん ]
PENTAX *ist D,smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited,ストロボ使用

 

ではでは、今日から朝の早よから旅に出ますので、行ってまいります~。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »