フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月29日

DVD-R

遅くなりましたが、3/26(日)撮影分の画像を速報として、ここの日記に貼っておきます。
今回は、このお二人にモデルしていただきました。

 

Y3510057

[ モデル : 祐希あやさん(左) & 咲世さん(右) ]
PENTAX *ist D,smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited

 

----------

 

なんばにあるメイドカフェ「カンタービレ」さんが3/31で営業終了とのことで、ちょっとショックであります。2/2に正式オープンだったから、およそ2ヶ月間だけの開店だったというワケですね。詳しくは知りませんが、いろいろと事情があるのでしょうな・・・(涙)。

 

----------

 

昨日は、すごく久しぶりにパソコン用のDVD-Rを買おうと思いまして、自宅から近所にあるジャパン(ディスカウントストア)へ行ってみたら、最近のDVD-Rって1枚あたり100円を切っているんですねー。えらく安くなったもんなんですな~。知らんかったワ~。値段が一番安いDVD-Rは聞いたことがないメーカー名だったのでそれは選ばずに、少し高いのですが日本のメーカーのDVD-Rを買いました。薄型のケースに入った20枚入りで1,599円でありました。1枚あたり約80円ですか~(驚)。

 

----------

 

次の撮影には35mm判のカメラを使おうと思っておりますが、冷蔵庫を開けてフィルム入れを見てみましたら、ブローニー判のフィルムばかりが入っていましたので、フィルムを買いに行かねばならんのだが~・・・、今珍しく仕事が忙しいので梅田の方へ行くことが出来ないので、次に撮影させてもらう日の朝に梅田へ寄ってフィルムを買ってから撮影場所へ向かおうと思います。

2006年3月26日

小さな明かり

今日は、咲世(さぜ)さんからお誘いをいただきまして、咲世さんと祐希あやさんを撮らせてもらいました!
撮影前に彼女らが別の場所で着替え終えるまで私は暇なので、こんなのを撮ってみました。

 
 

20060326-01
使用カメラ/PENTAX Optio S6

咲世さんが小道具として持ってきていたおしゃれなチェス。
画像では見えにくいですが、盤の方もオシャレっぽいのでありました。

 
 

20060326-02
使用カメラ/PENTAX *ist D、FAソフト85mmF2.8

撮影場所にて大量にあったスリッパ。
こんな感じで撮ると安っぽくは見えない?(いや見える)

 
 

20060326-03
使用カメラ/PENTAX *ist D、FAソフト85mmF2.8

祐希さんが持ってきていた剣。
バラとともにブツ撮り。

肝心のお二人の画像は、また後日にこの日記にて速報として載せてみる予定であります。

 
 

撮影終了後に、私はひとり、日が暮れて真っ暗な国道176号線を大阪に向かって名塩から宝塚方面へ車を走らせていると、生瀬の手前で川沿いになるんですが、高いところを走っているせいか、そのあたりから下へ見える景色がいろんな所で小さな明かりがたくさん光っていてとても綺麗でありました~!

2006年3月24日

フォークは良い!

今日の最初の話題は、タイトルとはまったく関係がないのですが、
先日、宮川泰氏がお亡くなりになったそうで、
宮川氏と言えば私の場合、民放のFMラジオで
土曜日の午後1時から放送されていた

 

「コーセーけしょ~ひん~ かぁよぉ~ベストてん~♪」

 

(頭の中でコーラス付きでメロディが流れた方は、
 たぶん私と同世代な方だと思います。)

で司会をされていらっしゃった記憶が大きいです。

 

この番組が放送されていた当時は私は中学・高校の時でありまして、日本の歌謡曲のベストテン番組が大流行していた頃であり、土曜日になると学校が午前中で終わるので、クラブ活動が無い日は家に帰った後すぐにこのFM番組をよく聴いていたものでありました。

 

----------

 

昨晩(3/23)に放送された某国営放送のテレビ番組「音楽夢くらぶ」は、昨日が最終回でした。
毎週毎週熱心に見ていたワケでは無かったのですが、今回の出演者が加藤和彦氏と坂崎幸之助氏でしたので見ました。二人ともアコースティックギターを弾きながら綺麗なハーモニーを奏でまして、二人の歌声を聴いていると、歌声がお互いに似ていると私は感じましてビックリでありました。たった30分の番組でしたが良い曲ばかりを聴かせてもらいました~。私はフォーク世代ではないのですが、フォークは子供の頃から大好きなのであります! 

4月7日から某国営放送のBS2にて、毎月第一金曜日に「フォークの達人」という番組が始まるらしいです。1960年代~1970年代にフォークが流行りましたが、それから30~40年たった今でも現役で歌い続ける“フォークの達人”たちを毎月1名登場するライブ&トーク番組だそうであります。めっちゃ楽しみな新番組であります!

それから、フォークではないのですが、某国営放送のBS2にて毎月2回、土曜日に「BSサタデーライブ 黄金の洋楽ライブ」というライブ番組が4月から始まるらしいです。第1回目の放送はアバとビリー・ジョエルを特集されるそうで、この番組もめっちゃ楽しみです!

2006年3月23日

デジカメ便利

みなさま、こんばんは~。
先ほど「絶対領域」という言葉で検索してみたやまぐち編集長でございます~(笑)。

 

その言葉で検索してみた結果、一番上に表示されたサイトへ行ってみると、とある内容を見て私は「なるほど!」と感心しました。

その内容は何かと言いますと、
ミニスカートの丈 : 絶対領域 : ニーソックスの膝上部分
の比率が 4:1:2.5 がベストなのだそうであります!
おぉ~! なるほど!(^^)

 

----------

 

先日、私がデジカメで撮影時に、隣にいたカメラマンさんから「へんしゅーちょー、いつもブローニー判のネガフィルムで撮っているのにデジの(撮影した)画面を見ると悲しくなりませんか?」といったご質問をいただいたのですが(笑)、HPに載せるための画像としてデジカメを使うとやっぱり便利なのであります。

 

IMGP0027
使用カメラ/PENTAX Optio S6

2006年3月21日

からぷれや

今日は金時さんからお誘いいただきまして、姫路セントラルパークのイベントへ行ってきました!

姫路は自宅からかなり遠いのですが、この遊園地はすごく良いロケーションでしたねぇ。
ぜひまたこのイベントへ行きたく思っております。

今回はイベントですが、他のコスプレイヤーさんは撮らずにこのお二人だけを撮らせてもらいました。

 

c1410019

[ モデル : 龍咲櫻さん(左)、金時さん(右) ]
PENTAX *ist D
smc PENTAX-FA 20mm F2.8

 

とってもお綺麗でかっちょいいこのお二人を撮らせてもらえまして、今回お誘いくださった金時さんと櫻さんに感謝します。
それに、レフを持ってくださった某Mカメラマン氏と某Tカメラマン氏にも大感謝なのであります!

2006年3月20日

暴走ロケ

先日に暴走一家の方々からお誘いをいただきまして、今日は、彼女らの主催するロケにカメラマンとして参加させてもらいました。

暴走一家の全メンバー7名のうち、学校の登校日などの理由でやむを得ず2名が不参加となりましたが、暴走一家のメンバーではない方々が4名参加されまして、今回は全員で9名という超豪華な方々によるロケとなりました!

モデルされる方が複数いる場合、たいていはカメラマンも複数いるはずなんですが、今回はなんと9対1。
カメラマン一人だけだとどうしてもモデルされる方ひとりあたりの枚数が少なくなってしまうので申し訳なく思いつつ、出来るだけ枚数は均等になるように心がけました。

 
 

y3500216

いろはさん(左)、ゆんなさん(右)

 
 

y3500583

姫里さん(左)、さらださん(中)、ちよりさん(右)

 
 

y3500669

歌月華音さん(左)、水覇さん(右)

 
 

y3500879

歌月華音さん(左)、浅葱琉卯さん(右)

 
 

y3500940

ちよりさん

 

----------

 

今回のロケが始まる直前、みなさん一斉に着替え始めたため、私はその間暇になったので、お天気が良いのでコンパクトタイプのデジカメを持って近接な距離からお花を撮ってみました。

20060320-01

 
 
 

その後、近くにすごく小さな噴水がありましたので、カメラをギリギリ濡れない所まで近寄せて撮ってみました。

 

20060320-02

 

シャッターのタイムラグがスゴイんですよね・・・デジカメは。
ここ!という瞬間の時にシャッターボタンを押しても実際に撮れているのは少し後だったりなんかして・・・。

2006年3月17日

パソカメ

前々回の日記にて、
カメラバッグを買うときの希望する条件を書いた中で、

 

 ・ノートパソコンも安全に入れられる事。

 

これは、ノートパソコンもカメラバッグに入れられると便利だよなぁ。と昨日まではそう思っていたのですが、普段の私の撮影スタイルをよくよく考えてみると、私の場合はノートパソコンはカメラバッグに入れずに単独で専用のバッグに入れた今のやり方の方が何かと便利だと思うので、今度のもやはりノートパソコンを入れないタイプのカメラバッグにしようと思います。

撮影中は何かと移動が多いですので、やはりリュックタイプの方が楽ですよね。
単焦点レンズを使っているとレンズを交換する回数が多くて、交換するたびにカメラバッグを開けますので、大きく開けられるタイプの方が便利であります。

私にはオーバースペックで完全防水が必要あるのかが疑問ですが、ロープロのドライゾーン200なんてどうだろうか?
今度のお休みの日に実物を見に行ってみようと思います。

2006年3月16日

卒業写真

FM放送を聴いていると、今月に入ってから松任谷由実さんの「卒業写真」という曲が何度か流れてきました。

最初に流れたときは「おぉ~!懐かしい曲やなぁ~。」と思ったのですが、また数日後にFM放送の別番組からこの曲が流れてくるので、今月に入ってからやたらとこの曲を聴くよなぁ! なんでやろ?
と思ってよくよく考えてみたら、今はもう3月。いつのまにか卒業式の時期になっているんですねぇ。

 

----------

 

前々回の撮影では、わりと暖かな日でしたので2日続けて海へ行きまして砂浜などで撮らせてもらったのですが、海沿いで逆光で撮るとレフ板で光を当てていても背景からの光が強すぎてレフ板からの光があまり効果が無い時がありますねぇ・・・。
次は来月か再来月あたりで別のモデルさんで海の撮影がまたありますので、今度はレンズシャッター付きのレンズとストロボを持って行って日中シンクロした方が良いでしょうなぁ。

2006年3月15日

カメラバッグ

現在、私が撮影時に使っているカメラバッグを買ったのは1998年の年末。

当時、冬のコミックマーケット(笑)へ行ってから、その後に新宿にあるヨドバシカメラへ行って、中判カメラと35mm判カメラが同時に入れられるようにということで、ロープロ製の大きめのショルダーバッグタイプを購入したのでありました。

サイズが大きいということでたくさん機材が入りますのでバッグが重くなりまして、いつも重いながらも持ち歩いていたら、ショルダーストラップが機材の重さに耐えきれなくて一度だけ壊れてしまいましたがそれ以外では材質も作りもしっかりとしていて気持ち良く使っています。

しかし、購入してからすでに7年以上が経過・・・。
先日、蓋をするためのカチッと固定させるプラスチックなコネクターが2つある内の1つが完全に壊れてしまいまして、蓋が出来なくなってしまってテープで止めて応急処置をしておりますが、カッコ悪いのであります。
持ち歩いている時に機材を下へ落とす可能性もありますし・・・。

お金はありませんが(涙)、安全に機材を持ち運びするために、やむを得ず、カメラバッグの買い換えを考えているところであります。

 

今度はリュックタイプが良いなぁ~、なんて考えています。
私は顔や頭に汗をまったくかかずに、そのかわり背中には異常に汗をかくのでリュックタイプは好きではないのですが、重い機材を持って歩きながら撮影するときは、やっぱりリュックタイプの方が便利なのであります。
私が希望する条件はこんな感じであります。

 

 ・背中に背負うリュックタイプである事。

 

 ・背負わずに手で持つ時のために、持つ部分もしっかりと作られてある事。

 

 ・撮影中に突然雨が降ってきても大丈夫なように中身が濡れない材質な事。

 

 ・レンズやカメラを出し入れしやすいように大きく開く事。

 

 ・ノートパソコンも安全に入れられる事。

 

 ・振動が心配なので下にキャスター(コマ)が付いていない事。

 

 ・デジカメ、35mm判カメラ、中判カメラと最低3台の一眼レフカメラが入る事。

 

 ・レンズは小さな単焦点レンズが数本入る事。

 

 ・仕切のクッションが自由に配置を変えられる事。

 

 ・重さは出来るだけ2500g以内にしたい。(私の体力が無いので)

 

 ・目立たない色合いで地味なデザインである事。(撮影者が目立つと覚えられやすいですので・笑)

 

 ・現在はロープロ製を愛用しているので、出来たら次もロープロ製で。

 
 
 

という事で、ロープロのコンプトレッカーAWが良いかなぁ~?
などとただいま考え中であります。

2006年3月13日

NHK上方漫才コンテスト

先週の木曜日(9日)は日記を書こうと予定していたのですが、その日にやっていたココログさんちのサーバーメンテが終了した後、書き込みするためのページがやたらとつながりにくくなりましたので、書き込み出来なくてその日の日記はあきらめました。

そして翌日の金曜日(10日)から昨日の日曜日(12日)までの3日間は、愛知県へ仕事で泊まり込んで出張していましたので、10日に生放送された「NHK上方漫才コンテスト」は録画予約をあらかじめしていましたので、遅ればせながら出張から帰ってきた日(12日)に録画していたのを見ました。

お笑いファンの方々ならほとんどの人が見たであろう、「NHK上方漫才コンテスト」。

今年もレベルが高い争いでしたよね。
見事に最優秀賞を受賞したのはチョップリン。
優秀賞はアジアンとなすなかにし。

私の大好きななすなかにしが受賞されまして私はめっちゃ喜びましたよ~。
アジアンはさすがですね。
チョップリンの今回のネタは私はすでに見たことがあるネタだったのですが、いつものチョップリンの不思議ワールドな感じが抑えられたネタだったのが今回の受賞につながったのかも・・・。

今回は受賞されませんでしたが、ダイアン、めっちゃ面白かったですよ~!!!!

 

この録画していた番組を見た翌日(本日)は、昨日の日曜日の代休をもらいましたので、撮りに出掛けました。
今日の大阪は、時折強い雪が降りつけたりして小雪が舞う1日でありましたが、スタジオ撮影でしたので暖かい場所で撮りました。
今回モデルしていただいたのは、暴走一家のみなさま(でも残念ながら2人だけやむを得ず欠席)。画像はまた後日に私の画像掲示板に投稿する予定であります。

2006年3月 6日

飛び入り豪華メンバー

一昨日の土曜日に引き続きまして、昨日の日曜日も凛音みつるさんにモデルをお願いしまして撮らせてもらいました。

良い天気で暖かいですので、土曜日とは別の場所ですがまた海の近くへ行ってみました。

 

y3480075

[ モデル : 凛音みつるさん ]
PENTAX *ist D
smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited

 
 
 

今回の使用カメラはペンタックスLXをメインにしまして(今回の日記にはLXで撮った画像は無いですが)、海沿いの場所にいるせいか、日差しのある場所にて露出計で測ってみると、出た値が思った以上に明るかったですので、フィルムはISO400しか持っていなかったせいで、ペンタックスLXの最高シャッター速度が1/2000秒ですのでそのシャッター速度だったら絞りをどこまで開けられるのか、という露出の決め方で撮りました。(ポートレート撮影なのにシャッター速度優先モードみたいなものですけれど・・・。)

その後、衣装を今回のメイン衣装であるコス衣装に着替えまして撮らせてもらいました。

 
 
 

y3480133

[ モデル : 凛音みつるさん ]
PENTAX *ist D
smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited

 
 
 
 
 
 

そしてその後、神戸の塩屋へ移動しまして、撮ったフィルムの現像をしてもらいに、凛音みつるさんもお連れしましてスタジオチーズさんちへ行きました。

スタジオチーズさんへ着くと、偶然にもこの写真館の常連客であるた●ひろ氏がいらっしゃいまして、焼き増ししてもらっているところだったようであります。そしてすぐにその後、K田氏が、あ●ね嬢が、先日写真展をされた藤●氏が、次々と常連客の方々がやって来られまして(みなさんすごい人ばかりなのであります。)、偶然にもカメラをみなさん持っていらっしゃったので、突発でしたが(笑)スタジオチーズさんに許可をもらいまして、飛び入り参加のスタジオ撮影会を始めました(笑)。

 
 
 

y348067

[ モデル : 凛音みつるさん ]
[ 衣装製作 : 梅・桃・桜さん ]
PENTAX 67II
smc PENTAX 67 55mm F4
FUJIFILM REALA ACE
ストロボ使用

 
 
 
 
 

前回の日記にて、私のペンタックス67IIはコマ間がだんだんと広がっていく症状になるためにペンタックスへ修理をお願いしようとしておりましたが、スタジオチーズさんにこのカメラを見てもらうと「これとちゃうか?」と原因をご指摘してくださった点がありまして、その点に注意して、カメラが正常になったかどうかを見るために、上記の画像の撮影時に試しに撮ってみましてすぐにそのフィルムを現像してみました。

現像後にそのフィルムを見てみると、コマ間が正常でした!(良かったです~!)
どうやら私がこのカメラにフィルムを入れるやり方が良くなかったようであります。フィルムを入れた時、コマ間が正常のすき間になるようにたるみが出ないように巻いていく事をスタジオチーズさんから教えていただきました。

ということで、スタジオチーズさんにて置いていた私のペンタックス67IIを修理に出さずに我が家へ持って帰りました。

スタジオ撮影会後は、すぐにスタジオチーズさんにて現像してもらいまして何枚か引き伸ばしてもらいました。その写真を見た藤●氏曰く「このレンズは良い描写をしている。」と誉めてくださいました。よく名レンズだと言われているsmc PENTAX67 55mmF4。やはり名レンズなのであります。

2006年3月 4日

梅見頃

今日は、春休みで関西へ遊びに来ている凛音みつるさんをお誘いしまして、梅で有名な公園へ初めて行ってみました。

 

y3470028

[ モデル : 凛音みつるさん ]
PENTAX *ist D
smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited

 

しかしこの公園、梅で超有名なためか今日は人だらけ。
でも梅はすごく綺麗でした。
しかし私は撮りにくく感じましてすぐにこの場所での撮影を断念。
撮影場所を変えたくてすぐに移動しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日はわりと暖かかったので海に来てみました。

 

y3470292

[ モデル : 凛音みつるさん ]
PENTAX *ist D
smc PENTAX-FA Soft 28mm F2.8

 

今日は、デジカメの他にペンタックス67IIでも撮っていたのですが、120のフィルムだと10枚撮りのカメラなはずなんですが、なぜか9枚しか撮れなくなっているので、早速スタジオチーズさんちで撮ったフィルムを現像してみると、1枚目から2枚目、2枚目から3枚目、3枚目から4枚目・・・8枚目から9枚目のそれぞれのコマ間が、だんだんと広くなっていってるという変な症状になっておりました。

早速ペンタックスへ修理に出す事にしました。

2006年3月 3日

OEMでは無い、共同開発だ。そこんとこヨロスィク。

「今日の大阪は夕方頃に霙(みぞれ)がたくさん降りましたよねぇ。」

 
 
 
 
 

「雨でもなく、雪でもない・・・。チュートハンパやなぁ~。」

 
 
 
 
 

「地下鉄中央線は?」

 
 
 
 
 

「ゆめはんな線やなぁ~。」(チュートハンパと同じリズムでどうぞ)

 
 
 
 
 

それはそうとトキナー様。(おい!今の前フリはなんだったんだ!?)
60-120mmF2.8が発売されないよなぁ、と思っていたら発売を断念されていたのね。
ひそかに欲しかったのになぁ・・・。

ワタクシ、こちらを見てビックリであります。
新レンズをペンタックスと共同開発していただなんて、やるのぉ!
光学的にはペンタックスと同じということは、ペンタックスマウントでは出さない?という意味なのかな?
下から6行目からの文章は、かなりのコダワリを感じたよ!

 
 
 

ペンタックス様。
ペンタックス645用の55mmF2.8という広角レンズをAF化しなかったのは、55mmというレンズがさほど売れなかったからだと思っていたのですが・・・。まさか645デジタル用としてAF化された55mmF2.8が登場するとは思わんかったよ!やることがニクイのぉ。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »