フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日

新発見

先日、阪急千里線の普通電車に一人で乗りまして、淡路から天六方面に向かっておりました。
車内でボーっと何も考えずに立っておりますと、電車は柴島(くにじま)駅に到着しました。
車窓から見える柴島駅の表示板を眺めていますと・・・、あら? とある事に気がつきました。

ひらがな表記で書かれた駅の表示板に大きな文字で「くにじま」
 
 
 
くにじま・・・?
 
 
 
「じ」が無かったら某カメラマン氏の名前になるなぁ。
おーっ!すごい発見やんけー(笑)! (ってどこがやねん)
 
 
 
----------
 
 
 
9月1日から12月中旬までの間、また今年も全7回に渡って愛知県小牧市へ行って仕事で出張をしてきます。
まず第1回目として、9月1日~6日に行って来ますので、その間の私はインターネットに接続しませんのでメール・掲示板のお返事や日記の更新などがまったく出来ませんのであらかじめご了承下さいませ。

2006年8月27日

ローゼンメイデン合わせ

今日は、スタジオにてローゼンメイデン合わせの撮影にお呼ばれしましたので参加させてもらいました!
総勢8名&カメラマン5名(私含む)の参加。
場所がわりと広かったためか、もしくは良い人たちばかりだったおかげか、大人数だったのに撮りにくい事はまったく無かったので良かったであります。
 
 
 
Y3740397
(翠星石:柩さん,水銀燈:ウヒョさん,蒼星石:綾瀬カヲルさん,
 雛苺:睡蓮さん,深紅:亜紗野さん,金糸雀:エミさん)
(お名前間違っていたらスミマセン・・・。)

 
 
 
Y3740220 
 
画像では6名しかいらっしゃいませんが、あと2名の方々の画像はまた後日に私の画像掲示板にて速報投稿する予定であります~!
 
 
 
Y3740383
(蒼星石:綾瀬カヲルさん)

背景が白い壁でも怖がらずにソフトフォーカスをかけてみました。
デジカメの背後の小さな画像を見てみる限りではすごく白く飛んでしまったかな~?
と思ったのですが、ギリギリで良い感じに白く飛んでくれたかと思います。
本当はもっとソフト感を出したかったんですけどねぇ・・・。

2006年8月26日

じゃ腹レンズフード

今日は、マミヤのじゃ腹レンズフードを購入しました。
 
 
 
Jabara

これはフード部分がじゃ腹で伸び縮みするものでありまして、説明書によりますとマミヤ645用の55mm、80mm、150mm、210mm、300mmの各レンズが対応しているとのこと。
レンズを取り付けて、ファインダーを見ながら有害光線ギリギリまでカット出来る伸縮自在のこのフード。新品だと18,000円もしますが見た目が良いので(他のカメラマン氏らにハッタリがききそう(笑)。)新品を求めて某ヨ○バシカメラ梅田へ行ったのですが、な、なんと!天下のヨ○バシさんでも在庫が無かったのであります! ガ、ガーン!
というワケで仕方なく中古カメラ屋さんへ走りますと、あっけないほどにすぐに見つかりました。4,200円でした(笑)。しかし状態がかなり悪くて黒い蛇腹部分が一部はげてしまっていますが、黒マジックでその部分をヌリヌリしましたらなんとか見栄えは良くなったと思います。

明日の撮影会で早速このじゃ腹レンズフードを使ってみようと思います!

2006年8月21日

もじゃ子さん

昨日は良いお天気となってめちゃくちゃ暑い中、海沿いへ行って撮影をしてまいりました。
しかし、なぜか海を背景にして撮っておりません・・・。(海へ行った意味無しですが)

今回モデルをしてくださった方は背の高い方でしたので、格好良い感じで撮ろうと考えつつ、それでいてしかも可愛い感じも少し出せればと思いながら撮らせてもらいました。
 
 
 
Y3730043
モデル : もじゃらんじゃアヤさん
使用カメラ : PENTAX *ist D,smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited,ストロボ使用

 
 
 
Y3730133
モデル : もじゃらんじゃアヤさん
使用カメラ : PENTAX *ist D,smc PENTAX-FA Soft 85mm F2.8,ストロボ使用

2006年8月19日

写真展の展示日が正式決定!

本日、神戸市の塩屋にある写真館スタジオチーズさんちへ行きまして、先日の撮影分の現像をしてもらっている時にご主人の酒本氏と相談しまして、今度の私(やまぐち編集長)の初の写真展「いろは15 ( IROHA fifteen )」の展示期間が下記の通りにようやく正式決定しました!
 
 
 
「いろは15 ( IROHA fifteen )」

 ・モデル/いろはさん ( Cure No.10642 )

 ・展示場所/スタジオチーズ フォトアンドギャラリーさん
        (兵庫県神戸市垂水区塩屋町1丁目994-6)
        (JR神戸線(JR山陽本線)の塩屋駅もしくは山陽電鉄塩屋駅から歩いてすぐ)

 ・展示期間/2006年10月1日(日)~2006年10月29日(日)

 ・展示時間/スタジオチーズさんの営業時間と同じくAM9時~PM10時(定休日は毎週木曜日)

 ・入場料/無料
 
 
 
撮影期間中はモデルしてくれたいろはさんと私との休みがなかなかかみ合わず、撮影回数が少ないおかげで当初今年の夏予定だった写真展が延びに延びて10月となりましたが、ご興味ある方はどうぞ今から見に行く予定を立てておいてくださいませ。

2006年8月16日

スタジオ撮影

今日はスタジオ撮影をしてまいりました。

モデルをしてくださった今回の3人は、昨年の今頃(8月中旬頃)に初めて撮らせてもらいまして、その時も3人のやりとりが面白くて非常に楽しい撮影だったのですが、2回目の撮影となる今回はメイクなどを担当してくれた○○さんという強力な助っ人が加わりまして昨年以上に盛り上がった楽しい撮影でありました。・・・笑い疲れました(笑)。
 
 
 
Y3710188
モデル : 遊戯擂狗さん(左)&いろはさん(中央)&ゆんなさん(右)
使用カメラ : PENTAX *ist D,smc PENTAX-FA 50mm F1.7,ストロボ使用

 
 
 
Y3710484
モデル : ゆんなさん(左)&遊戯擂狗さん(中央)&いろはさん(右)
使用カメラ : PENTAX *ist D,smc PENTAX-FA 50mm F1.7,ストロボ使用

2006年8月15日

いちご電車

本来なら今日(15日)まで仕事の予定だったのですが、予定よりも1日早く仕事が終わりましたので、今日から私はお盆休みとなりました。
 
 
そんなワケで、今日は「いちご電車」に乗ってきました~!
 
 
いちご電車とは、わかやま電鐵貴志川線(岡山電気軌道)の車両でありまして、外観が可愛いだけでなく、実際に乗ってみると、車両の床が小学校の教室風で、ロングシートの柄が小さないちご柄で、車両と車両の連結部分のところには扉ではなく可愛いいちごのイラストが大きく描かれたのれんでありました。(1両目と2両目の絵柄が少し違うので2種類の絵柄が存在?)
 
 
どれだけ可愛い車両なのか、知りたい方はこちらのわかやま電鐵貴志川線を見てみてくださいませ。
 
 
更にこの車両は、ロングシートなのに途中でいくつか肘掛けが付いていたり、端の方にある座席のデザインとか、業者の広告が一切無かったりするなど、いろんなところを見て「イキやな」と思って感動しました。
 
 
今日は8月15日(火)。
ついこの前に関西私鉄最大手の南○電鉄が廃止を決定した路線とは思えないほど結構混んでいましたよ。
 
 
今日の目的は、いちご電車に乗るだけではなく、貴志川線沿線の某所を撮影場所として下見しようという目的もあったのですが、無人駅である某駅を降りてから10分ほど歩いてみたら、今日はあまりに暑いですので気分が悪くなって途中で引き返して駅に戻りました。わざわざ和歌山まで何しに行ったのやら・・・。

2006年8月11日

2006年のお盆

早いもので2006年ももうまもなくお盆ですね。
昨日はお正月だったよなぁ~と思っていたら、いつの間にかもうお盆。
早いですな。
 
 
私の働く業界では、会社がお休みしている時にするメンテナンスなお仕事をよくやっておりますので、GWやお盆の時期がとても忙しい時期なのであります。(そんなワケで只今めちゃくちゃ忙しい。)
 
 
私の次のHP更新は、お盆が終わってからになると思います。
ここの日記の方は、カメラの撮影技術的なネタが1本あるのですが、忙しくて今はそれどころでは無いのであります。しかしとても書きたいネタだったりします。
 
 
先日から私のHPで復活した「モデル募集」ページが思った以上に好調でして、たくさんの方々からのご応募をどうもありがとうございます。
まだ何名か大丈夫ですので、ご興味ある方はお早めにご応募してみてくださいませ。

2006年8月 7日

飛び入り参加

昨日の日曜日(8/6)は別の用事があったのですが、とある事情で急にその予定が無くなりましたので、飛び入りでスタジオチーズさんちの撮影会に急遽参加させてもらいました。

モデルされたお二人と、参加カメラマンは私を含めて主催のスタジオチーズさんも含めて全員で7人。
7人もカメラマンがいたのか?と後で感じたくらいに撮影しやすったのであります。

今回はマミヤプレスに買ったばかりの100mmF2.8を付けて撮ったのですがどうもピントを合わせづらいですので、ファインダーが曇っているんじゃないか?とアドバイスをいただきまして、スタジオチーズ氏にファインダーを後日に見てもらう事にしました。清掃すればよくなるかもしれないとのことなので、撮影会終了後、私のマミヤプレスはスタジオチーズさんちにて入院させる事にしました。

今回の撮影ではHP掲載許可をもらっておりませんので私のHPに載せる予定はありません。
そのかわり、ご一緒させてもらった今回のメンバー最年少のカメラマンさんの画像を2枚載せておきます。

Y370084

Y370033
モデル : みゆちゃん
使用カメラ : PENTAX LX,smc PENTAX-A 50mm F1.2,FUJIFILM REALA ACE

何度も言いますが、今回のモデルさんは別の方々であります(笑)。

みゆちゃんは、お父さんがスタジオチーズのご主人ですのでさすがに英才教育(?)なためか構え方や(撮る時の)狙い方も上手いのであります。そんじょそこらのポートレートカメラマン氏(私も含む)よりも良い感じに撮っていると感じてしまいました。手強いのであります(汗)。
だから、来月になってから私の初の写真展をスタジオチーズさんちでやるときに、展示してある写真を見て「へんしゅーちょーって写真撮るのヘタやなぁー!」と彼女から言われないようにがんばりたいと思います(苦)。

2006年8月 5日

マミヤセコール100mmF2.8

本日、仕事が早めに終わりましたので自宅に戻ったらすぐに電車に飛び乗って梅田へ行きまして、中古ですがマミヤプレス用のマミヤセコール100mmF2.8というレンズを買いました。35mm判に換算すると、約43mm相当の標準レンズであります。(購入後にこのレンズの事を某氏に聞いてみると、35mm換算すると43mmF1.0相当なんだとか? ひぇー!浅っ!)
 
 
本当はもう半段暗いマミヤセコール100mmF3.5を探していたのですが、私が行った中古カメラ屋さんにはこのレンズが無かったのでありました。しかしそのかわり、無いであろうと思っていた100mmF2.8の方を偶然見つけてしまいまして、半段明るいだけなのに大きさがまったく違ってすごく大きいレンズではありますが、明るいですので躊躇する事なく100mmF2.8レンズの方を今回購入したというワケであります。
 
 
マミヤプレス用に私が今まで唯一持っていた127mmF4.7というレンズだと、最短撮影距離が1.5mなのでかなり長く感じたのでありました。これから本格的に6x9判を使い始めるにあたって、焦点距離が標準レンズくらいで最短撮影距離がもっと短いレンズを探していますと、今回の100mmレンズ(最短1m)に辿り着いたわけなのであります。
 
 
ちなみに127mmF4.7はポラロイド判の大きさに対応しておりますが、100mmF2.8や100mmF3.5は6x9判までのイメージサークルなので、先ほど試しに100mmF2.8を付けてポラホルダーを付けてポラで撮ってみると、やはり四隅が見事に黒くケラれました・・・。(でもそれはそれでまた良い感じに見えるのですけど。)
 
 
このレンズにはフードが付属してありませんでしたので、市販されているラバーフードを同時に購入しました。
早速次の撮影でこのレンズを使って撮ってみるつもりなのであります。
 
 
 
----------
 
 
 
本日は、夕方頃によみうりテレビで豪華メンバーな「ZAIMAN24」をやっていましたので、録画したのでそれを今から見て寝ます~(笑)。

2006年8月 1日

第4回MBS新世代漫才アワード

昨年の漫才アワードの決勝は確か8月の下旬頃だったと思ったので、今年もその頃であろうとワタクシ勝手にそう思っていたのですが、今年は7月30日(日)に決勝があるという事を当日の朝刊のテレビ欄を見て知りました(汗)。
その日は撮影がありましたので、家を出る前に急いで録画の用意をしまして、その翌日に録画しているのを4時間ぶっ通しで見ました。

早いもので漫才アワードは今年で第4回めだそうで、審査するのは1000人の高校生たちというのが特徴の漫才コンテストであります。昨年の決勝ではその1000人の審査員の中でアイドルの寺田有希さんも会場で審査員としてボタンを押していたそうで、私は雑誌などに載っている写真でしか彼女を見たことが無かったのですが、テレビで見るとより可愛い感じの方なんですね~。

予選では、東京で活躍されているコンビの方々もたくさん参加されたそうですが、結局決勝に残った東京組はたったの1組でした。関東のお笑いはやはり関西ではウケないという事なんでしょうね。しかもその残った1組というコンビはもともと関西で活躍されていた二丁拳銃ですからね。

決勝は12組のコンビ。
出演者はこちらを見ていただくとしまして、
私が決勝12組を全部見終えた後、印象に残ったのは・・・(記憶をたどって書いていますので、正確なネタ内容が多少違う場合があります。)。
 
 
 
●矢野・兵動
おっさんネタは1回戦だけで良かったのかも(私は好きなんですが)。高校生が審査されているのでネタがいくら良くても彼らが飽きてきて面白く感じなくなると点数をまったく入れてくれませんね・・・。ネタに関係ありませんが矢野さんの髪型がすごかった(草ボウボウの道をバイクで通った後みたいな感じ)。でもすごく似合っていたのであります。
 
 
 
●とろサーモン
めちゃめちゃ面白いですね! 口でパーカッションネタはウマくて驚きました。
しかし、最後の決勝3組まで来た時に、得意の「すかし」ネタをしてきたのがすごく残念に思いました。(ワタクシすかしネタがあまり好きではないもので。)
 
 
 
●ヒカリゴケ
コンビ結成2年目という事で私は初めて見たコンビだったんですが、松竹芸能もヒカリゴケご本人たちもビックリの漫才アワード決勝進出。そんな彼らの注目のネタは、二人は親戚同士のコンビなんですが向かって左側のツッコミの人がすごく男前でありましてちょっとしたしぐさでもカッコイイ!ちなみに同じしぐさをオレ(ボケの人)がやると・・・。というネタでした。さすがに決勝に来るだけあって実力あるコンビだと思いました。今後の活躍が楽しみであります。
 
 
 
●りあるキッズ
私は大好きなコンビであります。
2回戦にやった「お客様相談センター」のネタ(プリンに髪の毛入ってるやんけ~!)が、あまりウケていなかったような感じでしたが私はめちゃめちゃ面白かったですよ~。特に最後の方が面白かったです。
 
 
 
●$10
今回12組の中で一番面白かったコンビだと思います。(優勝できなくて残念であります。)
1回戦は最近プロ野球をカップルで見に来る人が多いというネタ。2回戦は漫才アワードの優勝賞金でハワイに行きたいという飛行機ハイジャック訓練ネタ。決勝3組では高級ホテルネタでした。私がもし審査員だったらテンダラーに優勝させていましたが、どうも高校生審査員との感覚にズレが・・・(どうせワシャもうオッサンやからな・・・涙。)
 
 
 
●スマイル
最近テレビで時々見かけるようになったスマイル。(サンサンテレビとかで)
そろそろドカーン!と人気が出てくるような気がしています。(しかし芸風が関東には合わないだろうからあくまでも関西限定で)
ネタを見ると勢いを感じましたね。(通り魔と遭遇したのにカラオケ行こ!と誘って初対面の人とウィ・アー・ザ・ワールドを歌って盛り上がるネタにワタクシ大ウケ・笑)
 
 
 
●NON STYLE
優勝したNON STYLE。おめでとうございます。
しかし「いきり」ネタはもう勘弁して。という気がしています。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »