フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 春の始まりの日差し | トップページ | 「写真」とは? »

2011年3月19日

昨年(2010年)後半のフィルム撮影分から。

昨年(2010年)の後半に、ネガフィルムで撮ったものの中からスキャナー取り込みをいくつかしてみました。
 
 
 
フィルムからの取り込みのため、ホコリが入っていたり、色合いが悪かったりしていますが、スタジオチーズさんちでアナログプリントされた写真の方はめちゃめちゃ綺麗なのであります。
 
(以下、13枚の画像があります。)
 
 
 
 
 
 
 
Y621007
2010年7月4日撮影分
モデル : 櫻桃果さん
使用カメラ : FUJIFILM GX645AF Professional,HASSELBLAD HC 150mm F3.2,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
レンズシャッター式の一眼レフで撮ってみました。
使用頻度が少ないながらも、私は150mmレンズ(35mm換算=約93mm)が大好きでありまして、私服やオリジナル衣装の時は室内でもかまわず中望遠レンズを使う事があります。
ハッセルの645用のHCレンズは値段が高いだけの事はあります。めっちゃ良い写りであります!
 
 
 
 
 
 
 
Y623032
2010年7月15日撮影分
モデル : さおりさん
使用カメラ : PENTAX LX,smc PENTAX-A 50mm F1.2,Ferrania Solaris FG PLUS 400,ストロボ使用。
 
この独特な色合いは、イタリアのメーカーのネガフィルム「ソラリス」によるものであります。
この撮影時に使ったレンズが、独特の雰囲気のある描写をするペンタックスA50mmF1.2。
このレンズにソラリスで撮ると、昔(?)っぽいすごく独特な雰囲気が表現出来るので、私は大好きなレンズとフィルムの組み合わせなのであります。
 
 
 
 
 
 
Y624011
2010年7月20日撮影分
モデル : chi★saさん
使用カメラ : PENTAX 67II,smc PENTAX67 90mm F2.8,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
この時は薄暗い場所での撮影だったのですが、67IIはファインダーがすごく良いですね。
中判カメラなのに絞り開放でも自信を持ってピントを合わせることができます。
ペンタックス67用のレンズがこれまたすごく良い。
私にとって、ペンタックス67IIは最高に相性の良いカメラなのかもしれない。
しかし、縦横比の関係で構図を決めるのが未だに慣れぬ・・・(汗)。
 
 
 
 
 
 
 
Y630019
2010年8月17日撮影分
モデル : x姫xさん
使用カメラ : PENTAX 67II,smc PENTAX67 90mm F2.8,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
この取り込んだ画像ではイマイチなんですが、
スタジオチーズさんにて焼いてもらった写真の方は、髪の毛のフワフワ感や、肌のきめ細かさなど、めちゃめちゃ綺麗!
モデルさんの持っている雰囲気までもが、きちんと描写されているのであります。
 
 
 
 
 
 
 
Y634017
2010年8月27日撮影分
モデル : 慈雨さん
使用カメラ : MINOLTA New X-700,MC ROKKOR-PG 50mm F1.4,FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400。
 
「ミノルタのMF時代のSRマウントのレンズで撮ると、上品な柔らか感が綺麗に描写され、更に撮影者の敏感なイメージも写真に映し出される。」 by やまぐち編集長 (意味不明)
結論=ミノルタMCロッコールレンズは良いっ!
 
 
 
 
 
 
 
Y635039
2010年9月9日撮影分
モデル : 潤さん(左),外山翠さん(右)
使用カメラ : MINOLTA New X-700,MD W.ROKKOR 28mm F2.8,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
取り込んだこの画像では色合いがイマイチなんですが、紙にプリントされた方はさすがのネガフィルムの描写であります。
デジタルカメラでも同じように撮りましたが、フィルムで撮ったやつの方が格段に良いのであります。
 
 
 
 
 
 
 
Y636025
2010年9月11日撮影分
モデル : 慈雨さん
使用カメラ : MINOLTA New X-700,AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
この時、慈雨さんはかなり無理な体勢だったのですが、がんばっていただきました。
そのおかげで狙い通りに撮れました!
この時の使用レンズがミノルタのオートロッコールの55mmF1.8というかなり古いレンズなのですが、このレンズはいつも私がフィルム現像してもらっているスタジオチーズさんが大絶賛されているレンズで(今では中古カメラ屋では価値の無い激安レンズなのに)めちゃめちゃ良い写りをしてくれるレンズであります。
 
 
 
 
 
 
 
Y640017
2010年10月18日撮影分
モデル : 佐倉さん
使用カメラ : FUJIFILM GX645AF Professional,HASSELBLAD HC 150mm F3.2,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
「美少女には中望遠レンズで表現を。」という私の基本概念に基づきまして(なんじゃそら)、私の大好きな150mmレンズで贅沢にたくさん表現致しました。
紙にプリントしてもらっている方では、髪の毛や睫毛の1本1本まで緻密に表現されていましてさすがの中判カメラの描写なのであります。
 
 
 
 
 
 
 
C190024
2010年11月3日撮影分
モデル : サイカさん(左),へじゃさん(右)
使用カメラ : Vivitar Ultra Wide&Slim,Ferrania Solaris FG PLUS 100。
 
22mmF11というプラスチックな超広角レンズがくっついている小さなトイカメラで撮ってみました。
日本では「周辺光量が落ちるのはレンズ性能が悪い。」と思われがちですが、このトイカメラはわざわざ周辺光量が落ちるように(トンネル効果が)設計されてあるコンパクトカメラであります。
 
 
 
 
 
 
 
Y645001
2010年11月23日撮影分
モデル : のざまさん
使用カメラ : PENTAX LX,Takumar 200mm F3.5,PENTAX マウントアダプターKを使用,Ferrania Solaris FG PLUS 100,一脚使用。
 
買ったばかりのタクマー200mmF3.5を初めて使って撮りました。
初代のタクマーレンズのせいか、レンズの作りが豪華&丁寧。
絞り羽根が(今では考えられない)18枚もあって超贅沢なレンズではありますが・・・。
今では価値の無い激安なレンズであります。
しかしながらめちゃめちゃ良い写りします。
 
 
 
 
 
 
 
Y646047
2010年12月5日撮影分
モデル : 潤さん(左),外山翠さん(右)
使用カメラ : ASAHI PENTAX SP,Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mm F1.8,Ferrania Solaris FG PLUS 800,ストロボ使用。
 
昨年の12月になってワタクシ、ソラリス800にめちゃめちゃハマりました(笑)。
そのきっかけは、この和室撮影の撮影結果を見て。
ソラリスシリーズでは、ソラリス100が一番優しい色合いな気がして大好きなんですが、ソラリス800が今では一番面白く感じましてハマってしまっております(笑)。
 
 
 
 
 
 
 
Y650015
2010年12月26日撮影分
モデル : 櫻桃果さん
使用カメラ : ZENZA BRONICA GS-1,MACRO ZENZANON-PG 110mm F4,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
あまり使っていないゼンザブロニカのレンズシャッター式6x7判のカメラを使って撮ってみました。
このカメラは良い写りしますので、もっと使ってやらんとイカン・・・。
 
 
 
 
 
 
 
Y651003
2010年12月31日撮影分
モデル : ひよさん
使用カメラ : PENTAX 67II,smc PENTAX 67 90mm F2.8,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
モデルされている方の衣装は、左手に持っているタバコを擬人化したコスだそうであります。
ペンタックス67用の90mmF2.8は、背景を見るといつも独特のボケ方をしますね。
気になる方は気になるんでしょうけど、個性があって面白いと私は思います。

« 春の始まりの日差し | トップページ | 「写真」とは? »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79780/51162713

この記事へのトラックバック一覧です: 昨年(2010年)後半のフィルム撮影分から。:

« 春の始まりの日差し | トップページ | 「写真」とは? »