フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月19日

「写真」とは?

ウィキペディアによりますと、「写真」とは?
 
 
 
 
 
--------------------
写真(寫眞、しゃしん)
 
穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は基本的にカメラと呼ばれる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%99%E7%9C%9F
 
--------------------
 
 
 
 
 
「感光剤」とは、ようするにフィルムの事ですよね。
フィルムに焼き付けた後、現像処理をして可視化したものを「写真」と呼ぶ。
という事だそうであります。
 
 
 
 
デジタル方式のカメラで撮ったものは、フィルムに焼き付けしていませんので「写真」とは言わない。「画像」という言葉が正しい日本語であります。
 
 
 
 
 
という事は、「デジタル写真」という言葉は、意味不明な言葉であります。
正しくは「デジタル画像」。
 
 
 
 
ちなみに、「デジタル」の事を「ディジタル」が本当は正しいのですが、
日本語やねんから、そのへんは勘弁したってや。というのが私の考え。
 
コーヒーの事をカフィとかコーフィって誰も書かへんわな。

昨年(2010年)後半のフィルム撮影分から。

昨年(2010年)の後半に、ネガフィルムで撮ったものの中からスキャナー取り込みをいくつかしてみました。
 
 
 
フィルムからの取り込みのため、ホコリが入っていたり、色合いが悪かったりしていますが、スタジオチーズさんちでアナログプリントされた写真の方はめちゃめちゃ綺麗なのであります。
 
(以下、13枚の画像があります。)
 
 
 
 
 
 
 
Y621007
2010年7月4日撮影分
モデル : 櫻桃果さん
使用カメラ : FUJIFILM GX645AF Professional,HASSELBLAD HC 150mm F3.2,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
レンズシャッター式の一眼レフで撮ってみました。
使用頻度が少ないながらも、私は150mmレンズ(35mm換算=約93mm)が大好きでありまして、私服やオリジナル衣装の時は室内でもかまわず中望遠レンズを使う事があります。
ハッセルの645用のHCレンズは値段が高いだけの事はあります。めっちゃ良い写りであります!
 
 
 
 
 
 
 
Y623032
2010年7月15日撮影分
モデル : さおりさん
使用カメラ : PENTAX LX,smc PENTAX-A 50mm F1.2,Ferrania Solaris FG PLUS 400,ストロボ使用。
 
この独特な色合いは、イタリアのメーカーのネガフィルム「ソラリス」によるものであります。
この撮影時に使ったレンズが、独特の雰囲気のある描写をするペンタックスA50mmF1.2。
このレンズにソラリスで撮ると、昔(?)っぽいすごく独特な雰囲気が表現出来るので、私は大好きなレンズとフィルムの組み合わせなのであります。
 
 
 
 
 
 
Y624011
2010年7月20日撮影分
モデル : chi★saさん
使用カメラ : PENTAX 67II,smc PENTAX67 90mm F2.8,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
この時は薄暗い場所での撮影だったのですが、67IIはファインダーがすごく良いですね。
中判カメラなのに絞り開放でも自信を持ってピントを合わせることができます。
ペンタックス67用のレンズがこれまたすごく良い。
私にとって、ペンタックス67IIは最高に相性の良いカメラなのかもしれない。
しかし、縦横比の関係で構図を決めるのが未だに慣れぬ・・・(汗)。
 
 
 
 
 
 
 
Y630019
2010年8月17日撮影分
モデル : x姫xさん
使用カメラ : PENTAX 67II,smc PENTAX67 90mm F2.8,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
この取り込んだ画像ではイマイチなんですが、
スタジオチーズさんにて焼いてもらった写真の方は、髪の毛のフワフワ感や、肌のきめ細かさなど、めちゃめちゃ綺麗!
モデルさんの持っている雰囲気までもが、きちんと描写されているのであります。
 
 
 
 
 
 
 
Y634017
2010年8月27日撮影分
モデル : 慈雨さん
使用カメラ : MINOLTA New X-700,MC ROKKOR-PG 50mm F1.4,FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400。
 
「ミノルタのMF時代のSRマウントのレンズで撮ると、上品な柔らか感が綺麗に描写され、更に撮影者の敏感なイメージも写真に映し出される。」 by やまぐち編集長 (意味不明)
結論=ミノルタMCロッコールレンズは良いっ!
 
 
 
 
 
 
 
Y635039
2010年9月9日撮影分
モデル : 潤さん(左),外山翠さん(右)
使用カメラ : MINOLTA New X-700,MD W.ROKKOR 28mm F2.8,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
取り込んだこの画像では色合いがイマイチなんですが、紙にプリントされた方はさすがのネガフィルムの描写であります。
デジタルカメラでも同じように撮りましたが、フィルムで撮ったやつの方が格段に良いのであります。
 
 
 
 
 
 
 
Y636025
2010年9月11日撮影分
モデル : 慈雨さん
使用カメラ : MINOLTA New X-700,AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
この時、慈雨さんはかなり無理な体勢だったのですが、がんばっていただきました。
そのおかげで狙い通りに撮れました!
この時の使用レンズがミノルタのオートロッコールの55mmF1.8というかなり古いレンズなのですが、このレンズはいつも私がフィルム現像してもらっているスタジオチーズさんが大絶賛されているレンズで(今では中古カメラ屋では価値の無い激安レンズなのに)めちゃめちゃ良い写りをしてくれるレンズであります。
 
 
 
 
 
 
 
Y640017
2010年10月18日撮影分
モデル : 佐倉さん
使用カメラ : FUJIFILM GX645AF Professional,HASSELBLAD HC 150mm F3.2,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
「美少女には中望遠レンズで表現を。」という私の基本概念に基づきまして(なんじゃそら)、私の大好きな150mmレンズで贅沢にたくさん表現致しました。
紙にプリントしてもらっている方では、髪の毛や睫毛の1本1本まで緻密に表現されていましてさすがの中判カメラの描写なのであります。
 
 
 
 
 
 
 
C190024
2010年11月3日撮影分
モデル : サイカさん(左),へじゃさん(右)
使用カメラ : Vivitar Ultra Wide&Slim,Ferrania Solaris FG PLUS 100。
 
22mmF11というプラスチックな超広角レンズがくっついている小さなトイカメラで撮ってみました。
日本では「周辺光量が落ちるのはレンズ性能が悪い。」と思われがちですが、このトイカメラはわざわざ周辺光量が落ちるように(トンネル効果が)設計されてあるコンパクトカメラであります。
 
 
 
 
 
 
 
Y645001
2010年11月23日撮影分
モデル : のざまさん
使用カメラ : PENTAX LX,Takumar 200mm F3.5,PENTAX マウントアダプターKを使用,Ferrania Solaris FG PLUS 100,一脚使用。
 
買ったばかりのタクマー200mmF3.5を初めて使って撮りました。
初代のタクマーレンズのせいか、レンズの作りが豪華&丁寧。
絞り羽根が(今では考えられない)18枚もあって超贅沢なレンズではありますが・・・。
今では価値の無い激安なレンズであります。
しかしながらめちゃめちゃ良い写りします。
 
 
 
 
 
 
 
Y646047
2010年12月5日撮影分
モデル : 潤さん(左),外山翠さん(右)
使用カメラ : ASAHI PENTAX SP,Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mm F1.8,Ferrania Solaris FG PLUS 800,ストロボ使用。
 
昨年の12月になってワタクシ、ソラリス800にめちゃめちゃハマりました(笑)。
そのきっかけは、この和室撮影の撮影結果を見て。
ソラリスシリーズでは、ソラリス100が一番優しい色合いな気がして大好きなんですが、ソラリス800が今では一番面白く感じましてハマってしまっております(笑)。
 
 
 
 
 
 
 
Y650015
2010年12月26日撮影分
モデル : 櫻桃果さん
使用カメラ : ZENZA BRONICA GS-1,MACRO ZENZANON-PG 110mm F4,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
あまり使っていないゼンザブロニカのレンズシャッター式6x7判のカメラを使って撮ってみました。
このカメラは良い写りしますので、もっと使ってやらんとイカン・・・。
 
 
 
 
 
 
 
Y651003
2010年12月31日撮影分
モデル : ひよさん
使用カメラ : PENTAX 67II,smc PENTAX 67 90mm F2.8,FUJIFILM REALA ACE,ストロボ使用。
 
モデルされている方の衣装は、左手に持っているタバコを擬人化したコスだそうであります。
ペンタックス67用の90mmF2.8は、背景を見るといつも独特のボケ方をしますね。
気になる方は気になるんでしょうけど、個性があって面白いと私は思います。

2011年3月18日

春の始まりの日差し

いよいよ春めいてきまして、日差しが少し強くなって暖かくなってきましたよね。
 
外で撮るのが楽しい時期になってきました!
 
 
 
 
 
 
先日に撮らせてもらった方は、な、なんと!
私との撮影は前回から11ヶ月ぶり(約1年前)。
 
この日は学校の卒業式の数日前だったそうで、無理を言ってお忙しい時に撮らせてもらいました。
 
(以下、11枚の画像があります。)
 
 
 
 
 
Y6600080
CoCoさん
 
 
 
 
 
Y6600136
CoCoさん
 
 
 
 
 
Y6600170
CoCoさん
 
 
 
 
 
Y6600183
CoCoさん
 
 
 
 
 
Y6600457
CoCoさん
 
 
 
 
 
Y6600470
CoCoさん
 
 
 
 
 
Y6600629
CoCoさん
 
 
 
 
 
Y6600676
CoCoさん
 
 
 
 
 
Y6600739
CoCoさん
 
 
 
 
 
Y6600746
CoCoさん
 
 
 
 
 
Y6600772
CoCoさん
 
 
 
 
 

2011年3月15日

どーばー (2/27撮影分)

この日(2/27)は、宇津木ホトセさんからかなり前からお誘いくださっていましたので、今回は大阪南港ATCのイベントへ行ってきました!
 
この日のATCは、もう春がきたような暖かい1日でしたよねぇ~。
外でもたくさん撮らせてもらいました!
 
(以下、6枚の画像があります。)
 
 
 
 
 
C2040109
宇津木ホトセさん(左),理(さとり)さん(右)
 
 
 
 
 
C2040436
理さん(左),宇津木ホトセさん(右)
 
 
 
 
 
C2040465
宇津木ホトセさん(左),理さん(右)
 
 
 
 
 
C2040575
理さん(左),宇津木ホトセさん(右)
 
 
 
 
 
C2040924
理さん(左),宇津木ホトセさん(右)
 
 
 
 
 
C2041249
宇津木ホトセさん(左),理さん(右)
 
 
 
 
 

やまぐち編集長の写真展・第七日目 (2/26撮影分)

この日(2/26)で七日目を迎えたやまぐち編集長の写真展「chi★sa android」は、神戸の塩屋にある写真館「スタジオチーズ」さんにて、3/21(月)まで展示されております。
 
ご興味のある方は、どうぞ見に行ってみてくださいませ。
http://exman.boy.jp/ca/
 
 
 
 
 
この日は、ご一緒させてもらった姫さんの大遅刻coldsweats01と、高速道路の大渋滞だったため、私と姫さんがスタジオチーズさんへ大遅刻をしてしまったため、写真展を見に来てくださった、あゆこさん、るーふー氏、さとうかずひろ氏などなど、みなさんにご迷惑をおかけしてしまいました・・・。
大変失礼致しました!
 
 
 
 
 
今回は、六花さんと姫さんが私の写真展を見に来てくださいましたので、時間を見て外に出てお二人を公園で撮らせてもらいました~!
 
(以下、5枚の画像があります。) 
 
 
 
 
 
Y6590005
六花さん(左),姫さん(右)
 
 
 
 
 
Y6590087
姫さん(左),六花さん(右)
 
 
 
 
 
Y6590148
姫さん
 
 
 
 
 
Y6590235
六花さん
 
 
 
 
 
Y6590339
六花さん(左),姫さん(右)
 
 
 
 
 

2011年3月12日

やまぐち編集長の写真展

2月20日から、私(やまぐち編集長)の5回目の写真展である「chi★sa android」(ちさ アンドロイド)を、兵庫県神戸市にある写真館「スタジオチーズ」さんにてやっております。
 
3月21日までやっておりますので、ご興味のある方は、ぜひ見に行ってやって欲しく思います。
 
写真展についての詳しくは、こちらをどうぞであります。
http://exman.boy.jp/ca/
 
 
 
展示の前日(2/19)に、写真展の前日ということでスタジオチーズさんちで私は展示準備をしていました。
 
その準備途中で、私のカメラマン仲間のたかひろ氏がやって来まして、続々と展示されていく作品たちを見て、ついもらした言葉が
 
 
 
 
 
「やっぱりフィルムは、えーなー・・・。」
 
 
 
 
 
フィルムカメラでよく撮っている彼だからこそ出たお言葉なんですが、フィルムからアナログプリントされた写真を見ると、感動が大きいですよね。
デジタルカメラで撮った作品よりも遙かに感動がデカイ!
デジタルカメラしか使った事が無い方には、この感動は永遠に味わえませんワ。
 
 
 
 
 
展示準備をしていると、場所が写真館ですのでフィルムの現像とか証明写真を撮ってもらいにいろんなお客さんがやって来るワケなんですが、展示準備をしているのを知らずにやって来たお客さん何人かの方々に、写真展は翌日からなのにすでに私の作品を見て楽しんでもらいました!


Photo
(文字 : 六花さん。どうもありがとうございます!!)

2011年3月11日

小鳥さん (2/6撮影分)

この日(2/6)は、サンスクエア堺のイベントへ行ってきまして、親分をお祝いする撮影に参加させてもらいました。
 
この日はわりと暖かい日でしたので、外でも撮れました!
 
今回の撮影結果を見まして、なぜか赤く撮れてしまったのが多かったのですが、原因がよくわからず。
 
 
 
画像1枚目と2枚目、親分の頭に乗っている小鳥さんが、重力にさからってナナメになっていますが(笑)、しっかりとカメラ目線であります(笑)。
 
 
 
(以下、画像が6枚あります。)
 
 
 
 
 
C2030062
理さん(左),ましろさん(右)
 
 
 
 
 
C2030077
理さん(左),ましろさん(右)
 
 
 
 
 
C2030366
宇津木ホトセさん
 
 
 
 
 
C2030543
ましろさん(左),宇津木ホトセさん(中央),理さん(右)
 
 
 
 
 
C2030890
ましろさん
 
 
 
 
 
C2031060
理さん(手前左),宇津木ホトセさん(手前右),ましろさん(後ろ)
 
 
 
 
 

2011年3月 2日

新ワザ (2/5撮影分)

この日(2/5)は、室内撮影してまいりました。
今回、私のモデルをしてくださった方は、華織さんであります。
 
 
 
先週に、イベント会場で私のカメラマン仲間のN青木氏から教わった撮影テクニックを、今回早速試してみたのであります。
 
撮影結果はとても良い感じになって大喜びなんですが、モデルしてくださった方にお渡しする画像データが、この撮り方ばかりだと、やたらとアンダーめの(暗めの)画像ばかりとなってしまうので、そのあたりで迷惑がかかりますな・・・(笑)。
 
アンダーにしすぎても、ただの真っ暗な画像となってしまいますので、意外と上手く撮るのは難しいワザであります。
(だいたい適正露出よりも2段アンダーあたりが良い感じになるようであります。)
 
 
 
 
 
(以下、5枚の画像があります。)
 
 
 
 
 
Imgp0032
華織さん
 
 
 
 
 
Imgp0047
華織さん
 
 
 
 
 
Imgp0095
華織さん
 
 
 
 
 
Imgp0105
華織さん
 
 
 
 
 
Imgp0121
華織さん
 
 
 
 
 

2011年3月 1日

極寒の造船跡地 (1/30撮影分)

この日(1/30)は、造船跡地でのイベントへ行ってきました。
 
今回私のモデルをしてくださった方は、クロさんと理(さとり)さんであります。
 
そして、今回のカメラマンは私と宇津木ホトセさんでありまして、寒い中、二人で二人を撮りまくりました。
 
 
撮影中に、宇津木さんがポーズ指示をどんどんと言ってくださったおかげで、ワタクシ、今回、どのように撮ろうか構図を考えるのに集中できたので、めちゃめちゃ撮影しやすい環境でありましたワ~。
 
 
 
今回は私、一度使ってみたかった「デジタルフィルター」という機能を使いまくりました。
 
(デジタルフィルター= 撮影時に、指定した効果で加工されて保存してくれる機能。)
 
写真を表現する者として、デジタルフィルターははっきり言って邪道だと思うのですが(笑)、一度使ってみたかったのであります。
 
 
 
それにしてもこの日は寒かったですね。
カメラを持つ手が震えました。
 
(以下、6枚の画像があります。)
 
 
 
 
 
C2020030
理(さとり)さん(左) & クロさん(右)
 
 
 
 
 
C2020058
理さん(左) & クロさん(右)
 
 
 
 
 
C2020135
理さん
 
 
 
 
 
C2020157
クロさん
 
 
 
 
 
C2020258
理さん(左) & クロさん(右)
 
 
 
 
 
C2020282
理さん(左) & クロさん(右)
 
 
 
 
 

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »